トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫が膣や膀胱内に入り込み、感染によっておこります。女性の半分は一度は感染するという性病になります。若年層から中高年まで幅広い年齢層に感染者が見られるのが特徴となっています。
主にセックスによって感染し、男性の場合にはほとんど症状が出ません。また、下着やバスタオル、バスルーム、トイレの便座、共同浴場などからも感染する可能性もあります。赤ちゃんに感染する場合もあり、それは出産時の母子感染によるものです。

トリコモナスの潜伏期間について
トリコモナスの潜伏期間は個人差がありますが、数日から1ヶ月程度です。場合によっては症状が出ずに、トリコモナスが何年も体の中に潜伏する場合もあります。
年齢の高い人にも感染が多くみられるのは、この長期の潜伏期間が原因とされています。

トリコモナスの症状について、
男性の場合は、尿道・陰茎包皮・前立腺・精巣などに寄生していて、無症状の場合が多く、自覚症状があった場合には尿道から膿がでて、排尿時に痛みを感じます。まれに、精巣上体(各精巣の上のコイル状の管)と前立腺に感染することがあります。
女性の場合が重く、膣円、子宮頸管炎・尿道炎などがあり、外陰部にかゆみや痛み、性交・排尿時の不快感、などが現れます。特に他の性病に比べておりもの、かゆみを中心とした症状が比較的強く現れますが、その理由は以下の通りです。健康な女性の膣内は、乳酸棹菌という細菌が、膣の粘膜細胞内にあるグリコーゲン(糖)を乳酸に代謝して膣内を適度な酸性度(pH)に保つことで、膣内に悪い菌が侵入・繁殖するのを防いでいます。卵管にまで感染が及ぶと不妊症の原因にもなります。

トリコモナスの治療
トリコモナスの治療には通常メトロニダゾールやチニダゾールと呼ばれる、トリコモナス原虫の繁殖を抑制する抗原虫薬が処方されます。10日間服用すれば、完治します。
女性の場合は膣の炎症に対する治療効果を高めるため、膣錠の挿入や軟膏の塗布による治療も併用されます。
トリコモナスは一人の方に異常がでた以上、相手の方も感染している可能性が高いです。早期発見、早期治療がポイントです。放っておいても自然と治る可能性はありません。症状が軽いからと軽視して受診せず、病状を悪化させてしまい、さらには他の方に感染させることは避けなければいけません。心当たりがある場合には、すぐ病院に検査するほうがいいです。

▼他の医薬品オススメ

女性用媚薬は、性欲や性的快感を増大させるために用いる薬の総称。媚薬のタイプが多く、女性用媚薬強力効果もそれぞれがあります。

シアリスは、三大ED治療薬のなかでも最も新しいED治療薬です。今までシアリスの利用者は1,000万人を超えるといわれています。

男性精力剤とは、男性の立場は、勃起不全、中折れ、早漏や精力不足、ペニス短小、セックス回数が少ない方に役に立ちます。

勃起不全?ED治療薬を服用する時、以下のきわめて大切であることにご注意をしてください。日本国内では3種類の勃起不全?ED治療薬がありシアリス、レビトラとバイアグラがあります。ED勃起障害の治療効き目を強く実感したいからと言って20㎎を2錠飲むことはいけません。

早漏防止薬を服用したら、男性の悩みが解決しました。そして、自信を取り戻りました。早漏防止薬通販で早漏防止薬を100%正規品に保証いたします。