「性感染症」という話は日常生活でなかなか話題になりにくいと思っています。実は、現代の日本はこれは珍しいことではありません。トリコモナス膣炎は性感染症の一つとしてよく知ってされています。腟トリコモナス症とは、「腟トリコモナス原虫」が性器内部に侵入することでおきる感染症です。男性はあまり症状が出ませんが、女性では症状が強く生じます。それで、膣トリコモナス症の感染者は女性に多いです。これは性交渉で感染するものだけでなく、下着、タオル、便器、浴槽などでも感染されます。もとっも重要なのは、トリコモナス腟炎を感染したら、トリコモナス腟炎でけでなく、子宮頸部癌、HIV感染や卵管炎になるリスクもありますので、ご注意してください。今回は、トリコモナス膣炎についてのを紹介します。セルフチェックしてください。

女性主な症状
①褐色で泡立った悪臭を伴うオリモノ
②排尿障害
③膣のかゆみ、刺激感
④放っておくと、一般細菌や他のSTDとの同時感染が起こり得ます。
⑤無症状のこともあります。

男性主な症状
①ほとんど症状がありません
②尿道からうみが分泌。
③排尿時軽い痛み。
④尿道炎・前立腺炎・精巣上体炎・亀頭包皮炎の症状を引き起こします

個人による異なります。トリコモナスの潜伏期間は数日から1ヶ月と言われています。場合によっては症状が出なく、トリコモナスが何年も人体に潜伏する場合もあります。年齢の高い人にも感染が多くみられるのは、この長期の潜伏期間が原因とされています。それで、自覚症状があったら、早期に医療機関へ行くことをお勧めします。またパートナーと一緒に感染している場合が多いので、二人一緒に診察を受けることが大切です。

感染しているかもしれないという不安があるけれど、自分の健康のために、相手の健康のために、パートナーも一緒に検査することが望ましいです。早めに専門診察を受けると、悪化することを防ぎます。